ページ更新情報、凄く怖いですよ

2015年08月14日

怖い画像 鏡

鏡にまつわる怖い画像を集めてみました。

kaga5.jpg

どちらかと言うと不思議系ですね


kaga2.jpg

結構有名なやつみたいです。

kaga3.jpg

少し休憩


kaga4.jpg


ちょっとゾッとしましたので


kaga1.jpg

これも有名なものみたいなのですが

始めて見た時に、感じたので

こちらは、本物かと思います。



posted by けちゃ at 02:28| Comment(0) | 怖い画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心霊スポット 関東 池袋サンシャイン

池袋には、巣鴨拘置所の跡地というところがあります。

ato.png

戦犯や元首相などが収容され60人程の死刑が執行された場所で碑があります。

それに池袋は元々土地柄あまり良くないとされている事を聞きます。

誰もいないはずなのに、足音が聞こえた、

影をみななどの証言が多数あるそうです。

後、多くの人が集まる場所ですから、

やっぱり残留思念などが残るのでしょうね。


私も池袋は、なぜかあまり好きません。

賑やかなのは良いのですが、なぜか落ち着かない町と言う印象です。


恐らくマイナス的なエネルギーが街を覆ってるのでしょう。

posted by けちゃ at 02:00| Comment(0) | 心霊スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

管理人の怖い実談 お酒と百物語

これは、管理人が高校生の時に

友達と百物語を行った時の体験です。

よくある百物語の最後に霊が出るなんてオチではないので

期待には、添えないかも知れませんが聞いて下さい。


当時アルバイトが忙しく中々、高校の友達と遊ぶ機会が少なかったのですが

夏休みと言う事もあり、臨時でアルバイトの方が入ってきた為

バイトのお休みを頂ける事になりました。


やっとの事で、友達数人と集まって遊ぼうって事になったのですが

百物語をやろうと言う事になったのですが、

そういう系に敏感な私でしたが

普段あまり時間が取れなかったので、私は泣く泣く参加を承諾しました。


集まる場所は、高校から数キロ離れた大きな公園で

ついでに花火もやろうと言う事になり、

数名で買い出しをして、夜8時頃から花火を始め楽しみました。


花火も終わり、一息ついてから

高校ではあったものの、軽くお酒を飲み、

良い感じになって、深夜0時くらいから

メインの百物語を始めました。

メンバーとして、男女合わせて8名で行ったので

一人10話ずつ位・・・・結局私の話が一番多かったのですが(笑)

朝方には、百物語も終りました。


話の中では、体験談もあったのですが

当時はネット小説が流行っていたので、

ネット小説の怖い話などの、ありきれた話ばかりです。


結局のところ、100話も話さずに終わってしまいましたが

実は、百物語を始めた頃から、私にはあるものが見えて居たのです。


メンバーの中で普段は騒がしいと言うか天然な女の子だったのですが

その日に限って静かで、百物語の時にも騒ぎ立てる事が無かったのです。



私には何となく理由が分かったのですが、


百物語も終わり、ある程度余韻に浸ってる時に聞いてみました。


私『ずっと家族の事、考えてたでしょ?』

女子『っえ!?』

私『変な事言って、ごめんね。多分おばーちゃんだよね。』

女子『何で分かったの???』

と彼女は不思議そうに、こちらを見てきます。


私『少しお酒飲んだじゃん。』

女子『うん。』

私『よく分からないんだけど、お酒を飲むと、
  霊とかそういうのに敏感になったりする事があるんだよね。』

女子『へぇ〜そうなんだ』(ちょっと怖がっていたかも)

私『始めるくらい(百物語)からかな。おば〜ちゃん見えてたんよ。』

女子『・・・・・・・』

私『さっきお酒の話したけど、酔った時って霊の気持ちが入ってくる事があってね
  おば〜ちゃん凄く悲しそうにしてたよ。
  だから、彼女ちゃんもそういう気持ちになっちゃったんだと思う』


それを聞いた女の子は、しくしくと涙と浮かべていました、

話を聞くと、その年に祖母が他界しており、幽霊だとかそういう話になった為

祖母の事を思い出してしまっていたとの事でした。

勿論、彼女の祖母が亡くなった事を私は知りませんでしたので

何だかんだ信じて貰えました。



私『おば〜ちゃんの事、本当に好きだったんだね。
  おば〜ちゃん寂しそうだったけど、凄い安心したような感じだった。
  彼女ちゃんも、おば〜ちゃんに凄く愛されてたんだね』

と言ったところ、彼女は我慢が出来なくなってしまったようで

声を出して泣いてしまいました。

他の友達からは、不信に思われましたが、

この時は内緒にしていました。


数年経ち、今でも彼女に会う事があるのですが

今では、温かい話として、たまに話す位の話題になっています。

夏の暑い日体験で涼しくはなりませんでしたが、少しホッコリした経験です。


posted by けちゃ at 01:52| Comment(0) | 管理人の怖い実談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。